2014.9.8 田園風景。

    いつもご訪問、誠に有難うございます。

    今日の呟き323-田園風景

    ここの所猛暑もすっかり影をひそめ
    朝晩など随分しのぎ易くなってきました。
    実りの秋ももうすぐです。

    食いしん坊の私にとっては楽しみな季節です。
    てなことはさておき・・・

    田んぼが黄金色に染まる光景が見られるのももうすぐ。
    その水田は、実は自然の姿からは程遠い。
    とことん人工的な造形物です。

    稲作は他の多くの農作物とは異なり、
    田一面に水を張ります。

    そのため地面が水平である必要があります。
    当然大規模で丁寧な整地が欠かせません。

    水系の整備も必須です。
    新鮮な水を安定的に確保できる導水システムと
    水位を一定に保つ排水システムが備わっていない限り
    稲作は不可能でしょう。

    これほど大規模な水田システムは、
    到底一人で管理できるものではなく
    集団作業が必要です。

    更に近隣に水を公平に分配するための
    渉外戦術も必要となります。

    つまり水田地帯では、
    他の農作物を栽培するのと比べて
    どうしても人と人との関わりが深くならざるを得ない。

    そう考えると稲作を生業としてきた日本人の心の中に
    人と人との繋がりを大切にしてきた
    思いが見えるような気がします。

    稲が黄金色に輝くまでには
    農家の方々は、特に水管理には
    大変なご苦労があるのだと思います。

    田園風景がどんなに人為的な造形物でも
    やはり心温まるものがありますね。


    応援のクリック、誠に有難うございます。励みになります。
    スポンサーサイト
    プロフィール

    サム

    Author:サム
    サムのデザインカフェへ
    ようこそ。
    心の十字路に開くポジティブなカフェです。
    コーヒーでも飲みながら、ごゆっくり
    おくつろぎください。

    埼玉県さいたま市北区
    サム

    都内百貨店の宣伝畑(約10年)
    企画デザイン会社経営(約5年)
    印刷とデザインの関係を学びに
    A印刷会社(約10年)
    B印刷会社(約10年)
    その後フリーランス

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    リンク
    カレンダー
    08 | 2014/09 | 10
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    サム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード