fc2ブログ

    ロゴとCIとその役割

    ロゴとはロゴタイプ(Logotype)の略で,文字をベースに或いは文字を組み合わせてマークにしたもの。トレードマーク(商標)の中の一種です。またこのトレードマークの中には,シンボルマーク(Symbol-mark=和製英語)なども含まれるでしょう。
    企業はこれらを、CI(コーポレートアイデンティティ)という概念で捉えます。CI とは簡単に言うと、企業が同一視すべきもの、とでも言うか。CI とは、企業の存在証明のようなものです。

    企業が露出する広告等デザインの質は、企業経営の質を反映したものです。また企業は、それらのデザインによって、経営の本質を社会に透視されています。
    情報化社会において、ロゴは企業と生活者を仲介する貴重な情報です。その情報によって、共感と信頼を得ることができたとしたら、CI は目指す方向に確立されたということになるでしょう。

    企業が単にロゴを持っているというだけでは、そのロゴは情報としての働きをしません。かえって情報洪水の中に埋没してしまうだけです。その場合企業は、認知されないどころか、忘れ去られてしまう。
    つまり、ロゴを単にコミュニケーションツールとしてポジショニングしているとしたら、その企業は、手ひどいしっぺ返しを受けることになりかねません。
    ロゴにおけるイメージの重要性は計り知れない。そのイメージと実態とのギャップは、生活者に裏切り行為ととられ、企業にとって致命傷になることもありうる怖さも併せ持っています。
    その取扱には、十分な慎重さと一貫性が求められるます。
    大企業などがCI マニュアルなどでその取扱を管理しているにはその為です。
    デザイン料の中でも最も高額の部類に属するのも、うなずけるところでしょう。
    今日のロゴ-09.4.9-1out
    スポンサーサイト



    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    サム

    Author:サム
    サムのデザインカフェへ
    ようこそ。
    心の十字路に開くポジティブなカフェです。
    コーヒーでも飲みながら、ごゆっくり
    おくつろぎください。

    埼玉県三郷市
    サム

    都内百貨店の宣伝畑(約10年)
    企画デザイン会社経営(約5年)
    印刷とデザインの関係を学びに
    A印刷会社(約10年)
    B印刷会社(約10年)
    その後フリーランス

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    リンク
    カレンダー
    04 | 2022/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    サム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード