2014.1.27 自分との闘い。

    ご訪問有難うございます。

    今日の呟き-自分と闘う

    私は虫を飼っている。
    そう、自己虫という虫です。

    普段の何気ない考え方の中に、
    自分中心に考えてしまうことが多々あるように思います。

    世の中は自分だけで生きてるわけではなく
    周囲の皆様方との関係の中で暮らしが存在し
    その周囲の皆様もそれぞれ
    「自己」があるということを忘れがちです。

    周囲の皆様との「自己」と自分の「自己」が
    必ずしも一致するとは限りません。

    長いこと別々の環境で生まれ育ち、
    それぞれ異なる価値観を持つ別人が
    考え方が一致す方がむしろ不思議かも知れません。

    そう考えた時、自分の考え方はさておき、

    先ず、相手の考え方に耳を傾けてみる。
    相手の意見をよく聞いてみることは至極当たり前で
    当然といえましょう。

    そういう姿勢の積み重ねが
    良好な人間関係を築くうえで
    大切なのではないでしょうか。

    人生の良し悪しはひとえに人間関係にかかっている
    といっても過言ではないのですから…

    先ず、相手のことを考え、相手の為に行動する。

    日々、自分中心に生きようとする自分の心の傾向と
    闘うことを忘れないでいたいと思います。

    より良い自分を育てる日々は続きます。

    応援のクリック有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2014.1 無禅。

    大変ご無沙汰をしてしまいました。
    久し振りの更新です。


    ウエブ用今日の呟き-無禅

    昨年末以来、お陰様で仕事に忙殺されあわただしい日々を
    過ごしておりました。

    みなさまのブログへもお伺いせず、
    その上更新もせず、皆様には何とも申し訳なく、
    ただただお詫び申し上げます。

    昨年末、大半の仕事は片付いた後でしたが、
    仕事用のPCが悲鳴を上げダウン。再起不能に落ちりました。
    ほとんどのデータは外付けに保存してありましたので
    事なきを得ましたが
    一部のデータは取り出すことを断念せざるを得ませんでした。(トホホ)

    急きょプライベート用のPCに切り替え、仕事を勧めましたが
    ほとんどのデザインソフトはPC一台限りの使用権しかありません。
    慌ててデザインソフト類を買いに走るなど、
    てんやわんやでしたあ~。

    更に車も悲鳴を上げ、エアコンとバッテリーに不具合が出て
    これも急きょ交換。(エアコンは修理のみ)

    新年になって更に、携帯を水没させてしまい 
    また、困った~が発生!
    これは保険に入っていましたので新機種交換で済みそうです。
    (復旧して今使用可能状態ですが…)

    まあ~、いろいろあるものですね。
    でもそのお陰で、いろいろなものが新しくなって
    それはそれでよかったことと思っています。

    さて、今回の「心に刻む」ですが
    数ある禅の言葉の中に「無禅の禅」なる言葉があります。

    お坊さんも修行で習得した知識や技術からいったん離れ
    初心に戻ってこそ真の禅があるということだそうです。

    禅や茶道なども知識や技術にたのむ心を捨て、
    無為になれたとき
    その真髄が自然な所作になって表れるということのようです。

    人は人生が長くなるとその分
    たくさんの知識や技術を身に着けることになります。

    今回の年末から年初にかけての私の出来事を思ったとき
    なまじの知識や技術に恃む心を時には廃して
    初心に帰ることの大切さを教えて頂いた思いです。


    応援のクリック有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.10.29 正しいとは。

    今日もご訪問、有難うございます。


    今日の呟き-正しい

    先日何気なく本棚から取り出した一冊。
    大和出版刊 天台宗253世座主 山田恵諦(えたい)著
    「和して同ぜず」を久し振りに眺めていました。

    その中にこんな一文がありました。
    「正」という文字は
    下という漢字と、上という漢字が重なり合って出来ています。
    左側の縦棒は、その重なり合いを正しく眺めよ、という意味です。

    下とは大地、現実の生活を意味しており、
    上とは天、それは自然の道理を示しています。
    天にも地にも恥じないという言葉がある通り
    常に道理にかなった生活をせよという意味です。

    このように正しいという漢字は、
    天と地が混然一体であるさまを表しています。
    そのことがまた自然の道理で、仏教でいう真理です。

    自然の道理にかなうものを真理とし
    自然の道理にかなう行いを倫理とし
    理想として生活していくことが大切です。

    師はさらに付け加えています。

    本来人間は真理にかなう存在であり
    その心理を認識できる智慧を与えられて生まれている。

    とはいうものの私たちは、
    数多くの煩悩や欲望に包まれているせいで
    真理がなかなか見えてこない。

    真理は何億年を経ようと色あせることなく輝き続ける。
    その真理を追究しようとする人間の心(霊魂)も
    永遠に生き続ける(無量寿)。

    慌てることはない。
    生まれ変わってまた努力を続ければよい。

    そういっておられます。

    正しい生活をせよと言われても
    煩悩や欲望の多い私などは難題だと思ってしまいますが
    生まれ変わった時にまた努力しなさいということだと
    少し気が楽になります。叱られるかな(笑)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.10.20 幸せ。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-幸せ

    幸せなんて簡単だ。という人がいると仮定しましょう。
    その人は、健康でお金があればいいと考えます。

    では、どれほど健康で、どれほどお金があればいいですか。と問うと。

    その人としては、
    絶対病気にならない健康と欲しいものが何でも買えて
    一生暮らしていけるだけのお金があればと答えます。

    それだけでいいですねと念を押します。

    するとその人は
    人から愛されたい、尊敬されたい。
    交通事故や災害に会いたくない。と答えます。

    家族やほかの人はどうでもいいんですね。
    と尋ねると。

    いや、すべての人が幸せであってほしい。と答えます。
    日本も世界も、平和で安全で豊かであって欲しいとも。

    いつの間にか簡単ではなくなっています。

    こういうことが全部満たされないと
    人間は幸せになれないのだとすると
    この世の中は不幸が充満していることになります。

    また多分こういう人は、
    前に挙げたことが全部満たされたとしても
    幸福感は味わえないかもしれません。

    自分が好きになった相手が、
    自分以外の人を愛していたらどうしましょう。

    自分が得意になって着ている服と同じ服を
    大勢の人が着ていたらどうしましょう。
    新たな不幸の芽が次から次に湧いてきそうです。

    そう考えた時、
    「人の心」というものにたどり着かざるを得ないように思います。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.10.13 縁の作用。

    今日もご訪問、有難うございます。
    昨日の最低気温が、今日のほぼ最高気温。もう十月も半ば。
    これでいよいよ本格的な秋到来となってほしいものです。


    今日の呟き-縁の作用

    「因果応報」などといいますから
    原因と結果には確かにそれなりの法則性があるのでしょうが、
    どうもそれだけではないような気がします。

    目の前に花の種があるとします。
    それを目の前に置いて、ただ眺めているだけでは、
    いつまで経っても種は種のまま、決して花は咲きません。

    それを土の中に植えてやり、水をやり、或は雨露や陽光に恵まれて、
    つまり、さまざまな縁の力によって初めて花が咲く。

    しかしすべてがこううまくいくとは限りません。
    二粒の種を同じように並べて撒いても
    片方は小鳥がついばんでしまうかもしれません。
    或はやっと芽が出たところを、人が踏みつけてしまうかも知れません。

    因果は直接的な関係にあります。しかし実際には、
    因果の間に仏教でいうところの「縁」が間接的な力として働いて
    因を助けて果を生じさせている、ということではないでしょうか。

    あらゆる出来事は、この「縁」によって縦横無尽に結ばれていく
    ということになりそうです。

    ビリヤードでは、狙う球を直接狙えない場合に、
    ひとまず台の縁(ふち)に球を当て、そのクッションを利用して
    目的の球へ当てる。そんな方法がります。

    上手な人になればなるほど、このクッションを幾重にも利用する。

    まさに縁(ふち)を縁(えん)として活用しているわけです。
    物事にはこうした間接的なやり方、考え方が
    必要なのではないでしょうか。

    現代社会では物事を、一見客観的に見える数字に置き換えたり、
    物の価値を便宜上お金に換算していますが、

    その周囲にある状況、いや情況を無視した単なる計算づくで
    因から直ちに果を求めようとすると
    大きな間違いを起こすことにもなりそうです。

    ですから、神仏に祈るときは
    よい結果だけを願うのでは無く「良き縁を結ばせてください」
    と祈るが吉だそうです。

    縁というものは互いに複雑に影響しあい、作用しあうわけですから
    到底計算できない。人知の及ぶところではない。
    そういうものこそ神仏のご加護に頼るほかないということでしょう。

    何の慮もなく延々の話で恐縮でした。(笑)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。
     

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.10.9 気遣い、配慮。

    今日もご訪問、有難うございます。
    今週は台風の影響でしょうか、夏に逆戻りしたかのような
    日々の連続です。
    皆様暑さにめげていませんか、ご自愛くださいね。


    今日の呟き-見えない配慮

    秋口のほうがかえって
    積もり積もった夏バテなどで体調を崩しやすいもの。

    この時期主婦の皆様はご家族の皆様の健康に、
    普段以上に気を遣い、心を砕いておいでだと思います。

    そんな配慮や気遣いも、相手にはなかなか見えないものです。
    「私はこんなに気を使っているのに…」と嘆く声を聴くことがあります。
    確かに対人関係で大事なことは、相手への配慮です。

    みんながお互いに配慮しあうからこそ、人間関係のバランスが保たれる。
    しかし、例えば温泉に行ったとしましょう。

    露天風呂で熱くなった体を冷ますために冷たいシャワーを使う。
    その際後の人の為に、シャワーの温度を適温に戻しておきます。

    でも次にシャワーを使った人は、前に使った人の行為に対して
    ほとんど感謝することはない。

    ある意味当たり前のことになっていると、
    そこにある配慮は見えなくなってしまうことはままあります。

    つまり配慮とは本質的に、そういう類のものなのかもしれません。
    見えるように気遣いしているうちは、まだ半人前。

    気遣いに長けた人の配慮は
    なかなか見えないものなのでしょう。
    もちろん配慮のない人のそれも見えませんが…

    人はたいてい、自分なりに気を使っていると自負しています。
    だから自分が配慮していることにこだわり、
    それが伝わらないと一方的に不満に思う。

    しかし、自分の配慮が相手に伝わりにくいということは
    人から受ける配慮もなかなか自分に伝わらないものだ
    という道理も知っておく必要がありそうです。

    それが気遣いの基本ルールなのでしょう。
    見えない気遣いや配慮を
    きちんと見抜く目を持ちたいものだとは思いますが…

    そのうえでする感謝は、また見えないように。
    人は見えないものを見抜くことが、いかに大切なことなのかを
    思い知らされます。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.10.5 育てる。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-育てる

    今日の記事は、前記事「教えること」とほぼ同義語のような
    タイトルですが、前記事で書いた

    「教わる側のプロセスに、出来るだけ丁寧に、親身に付き合うこと。」
    で思い出したことがありました。

    鳥が卵を産みます。やがて時期が来ると、
    卵の中では小鳥が内側から卵の殻を突っつき始めます。
    「もう生まれたいよ~」という小鳥の合図です。

    この機を見計らって、親鳥が卵を外側から突っつきます。
    こうして卵の殻が割れて、小鳥の誕生となるわけです。

    このことを「そったく」というそうです。
    啄は、ついばむという意味、

    また口へんに卒、卒は終える、終わるという意味ですから
    それに口へんがついて、口による行為で誕生の儀式が終了
    ということなのでしょう。

    鳥の行為に知恵を借りれば、
    「生まれたいよ~」という小鳥の意思を見事にくみ取って
    即座に外からも卵を突っつき始める。

    この親子の連携プレーは見事です。
    こんな風に、見事にタイミングを計り、背中を押してやること。
    これが人を育てる要諦なのではないでしょうか。

    その為には常に、相手をしっかり観察していなければなりません。
    やはり、人にものを教える、人を育てるということは
    決して手抜きのできない、極めて崇高な行為なんですね。

    人にものを教えること・育てることを職業にしている方々や
    世の母親は「凄い!」ですね。
    それだけで、十分尊敬に値すると思います。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.10.2 教えること。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-教えること


    最近は、年齢的な影響でしょうか、教わることより
    教えを請われる事のほうが多くなっています。

    もっとも、私の場合教えるなどということはおこがましいので
    協力させていただくという具合に考えていますが…

    大人社会にあっては
    教えるという行為は、時には無力感が付きまといます。

    いくら教える側にその意欲があっても
    相手にその意欲がなければ
    教えるという行為には無理が生じます。

    逆に学ぶ側にその意欲さえあれば
    教える側は、それなりの努力は付きまとうものの
    随分とやり易いもの。

    教える側がよすがにするのは、
    教わる側に「今の状況を何とかしたい・学びたい」
    という強い気持ち、意欲があること。
    これしかありません。

    究極的には自分の問題は、自分で片付けなければなりません。
    他人ができるのは、自力で片付けることのお手伝いです。
    教える側は、その方法を頭をひねって考えればいいということになりそうです。

    自転車に乗れない人や泳げない人に、
    乗り方や泳ぎ方を教える場合と同じではないでしょうか。

    いくら教えてやりたくても、教える側にできることは
    自転車の後ろを支えてやること。
    手を持ってバタ足をさせてやることくらいです。

    付け加えれば、時々ちょっとしたアドバイスを挟み込む程度。
    しかしこれこそが最高の教え方なのかもしれません。

    教わる側のプロセスに、出来るだけ丁寧に、親身に付き合うこと。
    これを基本スタンスにすればいいのではないでしょうか。

    教えるって難しいですね。

    部下を持つ上司の皆様やコンサルタントなど
    日頃教えることの多い方々のご苦労をお察しいたします。


    応援のクリック有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.9.28 幸せな人。

    今日もご訪問、有難うございます。

    あの猛暑のころは、秋なんてやってくるのだろうか?
    なんて疑問が湧くほどでしたが、ここの所、朝晩はめっきり涼しく
    いや、めっきり寒くなってきました。

    数日前から日中でも、長袖が離せなくなりました。

    秋の夜長、「幸せ」について少し考えてみました。
    あなたが幸せを感じるときはどんな時ですか?


    今日の呟き-幸せな人

    「幸せ」とは他者との比較の中に存在するものだろうか。
    そういう幸せもあるかもしれませんが、
    そればかりではないでしょう。

    最近、物は随分豊かになりましたが
    私たちの心はまだまだ満ち足りていない。

    「まだまだ足りないぞ」といつも何かを欲している。
    戦後のもののない時代は、欠乏充足型の社会でした。
    モノが溢れる現代は、欲望充足型社会へと変貌しています。

    人の欲望とは際限のないものなのでしょうか。
    豊かになったことが豊かと感じられない。
    贅沢が贅沢と感じられないようになってしまったのかもしれない。

    「あなたが幸せを感じるときはどんな時ですか」
    そんな問いに、ずっと昔、ある小学生が答えました。
    「冬の寒い日の朝、あったかい布団にくるまっているとき」

    こんなつつましい幸せもあったのだと
    自分の心までぬくぬくしてくるのを
    感じる人もおありだと思います。

    昔は今よりずっと貧しかった。
    少なくても物質的にはそうでした。

    その中にも、つつましいし幸せがあり
    それを見つけ、感受する人がいました。

    当然、現代でも、身近に
    見逃してしまいそうな幸せがたくさんあります。

    「幸せな人」とは、とどのつまり
    幸せを感受する能力のある人ということになりそうですね。

    この秋、そんな能力も磨いてみたいと思います。
    幸せ感受の達人になっちゃったりして~ (笑)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.9.19 散歩。

    今日もご訪問、有難うございます。

    家から徒歩で十数分の所にある氷川神社。
    ここは関東一円に約200社程ある氷川神社の総本社で
    2000年以上もの歴史を持っています。

    また、大宮の地名の由来(大いなる宮)にもなっており、
    強力なパワースポットでもあるようです。
    家内安全、出世、開運、商売繁盛などにご利益があるといいます。

    近いこともあり、よく散歩で立ち寄ったり、
    仕事の帰りに参拝したりしています。

    朝晩少ししのぎ易くなってきたこともあり、先週土曜日の朝
    カメラを持って出かけました。

    先ず、第三鳥居を抜けて…
    写真中央奥に、小さくぽつんと見える赤色が桜門です。


    808氷川神社第三鳥居

    817氷川神社桜門付近

    821氷川神社桜門

    桜門を抜けて境内に入ります。

    827氷川神社境内

    拝殿へ向かい、お賽銭を少々、願い事をたくさん。
    欲の深いことです。(笑)
    本殿はさらに拝殿の裏手になり見えません。


    829氷川神社境内拝殿を望む

    883氷川神社拝殿

    参拝を済ませて、第三鳥居へ出て参道を通り第二鳥居へ…
    約二キロほどある参道の両側は、主にケヤキの並木が続き
    のどかな場所です。


    852氷川神社参道

    842氷川神社参道-第二鳥居付

    途中で参道をスルーして大宮駅方面へ向かいます。
    道路沿いでは朝顔がお出迎えです。


    860路傍のアサガオ

    少し歩き疲れたので、喫茶店へ立ち寄り
    モーニングコーヒー。
    土曜の朝の、のんびり散歩でした。

    余談ですが
    横浜のシンボルとして山下公園に係留されたいる
    氷川丸は、氷川神社から名付けられたということです。

    船内の神棚にはご祭神が祀られ、船内装飾には
    社紋である八雲の神紋が用いられています。
    数十年前、まだ氷川丸が海上ホテルだったころ
    泊まったことがありました。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    2013.9.12 思考枠。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-発想枠

    やっと季節が秋めいてまいりました。
    秋といえば芸術の秋、食欲の秋などいろいろですが
    そう食べてばかりでも肥満が心配になりますし
    少しは「もの思う秋」としゃれ込んでみましょうか。

    井戸の中にいる蛙にとって、その中がすべてです。
    同じように私などつい、ものを考えるとき
    あらかじめ出来上がっている思考枠があって、
    いつもその枠の中で考えているように思います。

    ところが新しい発想だと思えるような考えは
    その枠の外から来ていることが多いものです。

    そうした考え方を取り入れることによって
    これまでの枠組みが、少しは違うものになっていく事でしょう。

    私たちのものの考え方が進歩したり、
    視野が広くなるということは

    結局は思考枠そのものが変化したり、入れ替わったり
    したということに他ならないのではないでしょうか。

    例えば「私は臆病な性格なんです」という人がいたとします。
    でも「臆病」というのはおそらく、この人の性格の一部を
    表しているにすぎないでしょう。

    にもかかわらず、そこにしか想いが至らなくなり
    そのことで自分を縛り付けてしまうことはないでしょうか。

    そんな時「臆病かもしれませんが、慎重なんでしょう」と
    違う発想枠を提示することで、それまで膠着していた自分とは
    違う自分が見えてくるということがあるように思います。

    人の心とは、こんな些細なことでも
    大きく変わる要素を持っていると思います。

    今日は枠の話で、少しワクワクしてきました。(笑)
    皆様にワクワク感に富んだ素敵な秋が
    訪れますように…。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.9.5 親切。 

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-親切

    「親切」とは、広辞苑によると
    人情のあること。親しくねんごろなこと。
    思いやりがあり、配慮の行き届いていること。とある。

    どうも「心」のなせる業のようである。

    英語で親切のことをカインド(kind)という。
    そのカインドにはもう一つ別のの意味がる。
    動植物の類・種・族・属・性質などを言うらしい。

    つまりカインドとは、動植物の「種類」と考えると解り易いのでは…
    種類が違う=カインドが違うという具合に…

    そう考えると
    種類の違う者同士が互いに仲良くして初めて
    「親切」ということが成り立つということになりそうです。

    種類が違うということを別に例えると、丸と四角。
    これを重ねようとしても、ここにはどうしても隙間が生じます。
    この隙間を埋める努力が、カインド=親切ということなのでは…

    ビジネスでいえば、この隙間を埋める仕事がサービス業。
    そう考えるとサービス業には、本当の親切心が必要です。

    本当の親切心=心の温かさ、が求められます。
    熱心に事に当たるがあまり、
    心の温かさを失っては本末転倒ということになりそうです。

    このことが、
    サービス業にとりわけ「こころ」が求められる所以なのでしょう。
    的を得た暖かい気配り、暖かい思いやりが発揮できなければ
    サービス業は成り立たないといえるのではないでしょうか。

    人それぞれ、みな種類が違って当然という考え方が先ずあれば
    ビジネスであれプライベートであれ溝を埋める努力も
    やる気になるということにはならないだろうか。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.8.30 聞くこと、見ること。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-聞く事、見る事

    アメリカメジャーリーグで活躍するイチローさんが
    先日、4000本安打の偉業を達成しました。

    その記者会見でのこと、
    イチローさんは、打った4000本というヒット数より
    打ち逃した8000本(彼の打率から概算)を語りました。

    実にバランス感覚のいい思考をする人だなぁと感心致しました。

    今までたとえば、
    1000本、2000本とヒットを重ねた方はたくさんおりますが
    その会見等で、打ち逃した球数を語った人は記憶にありません。

    こういう話をすると思い出す(本当は忘れたことはありませんが)のが
    今は亡き(逝ってしまわれてからもうすぐ20年)くに寿司屋さんの大将。

    私とはなぜか実によく馬が合い、大変親切にしていただきました。

    このことは数年前にも書きましたが
    彼が仕事で使っていた包丁の中に、すし職人に成ったときから
    使い込んだ、愛用の包丁がありました。

    元は30cmほどあった包丁が、晩年には10cm程になっていました。
    大事に使い、磨きに磨いて長い間に研ぎ減らしたのです。

    これが手に馴染んで一番使いやすいんだといって
    愛おしそうに包丁を眺める姿が今でも忘れられません。

    その包丁の見えなくなった部分にこそ
    当然たくさんの思い出が詰まっているはずです。
    イチローさんの発言もそれに似ていますが

    TVのニュースや新聞報道なども
    目に見えるもの、耳に聞こえてくることだけでは
    たとえそれが事実であっても、真実には辿り着けないことがある
    と思えてなりません。

    常日頃からできるだけ、形無き形に目を凝らし、
    声無き声に耳を傾けてみる。
    そんな思考法を身につけておきたいものだと思います。

    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.8.23 日本語と仏教。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-日本語と仏教。

    昨日は少しデザインのアイディアにつまり
    ふと本棚に目をやりました。

    目に留まったのが、
    山下民城著 冬樹社刊「くらしの中の仏教語」でした。

    引っ越しで随分多くの書物を整理しましたが
    残っていた古い蔵書です。(昭和53年発行)

    タイトルのごとく仏教から派生した
    日本人の暮らしの中に根差した言葉たちを紹介しています。

    目次から主なものを拾ってみます。
     旦那 シャリ バカ あばた 瓦 くしゃみ 鉢 旗
     融通 頂戴 ひどい 挨拶 洗い晒し 有り難い 安心
     一生 有頂天 うやむや 会釈 縁起 我慢 がんばる
     勘弁 機嫌 給仕 工夫 玄関 講堂 国民 娯楽
     根性 差別 師匠 実際 ジャンケンポン 主人公
     出世 冗談 正直 食堂 親切 相撲 世界 世間
     せちがらい 相続 退屈 大衆 大丈夫 だらしがない
     誕生 つっけんどん 道具 道楽 人間 秘密 平等
     無事 不思議 ふだん 無造作 無念 迷惑 遺言 
     油断 立派…
    さらに
     こたつ 七宝 善哉 醍醐味 蒲団 楊子…
    また
     意識 意地 演説 円満 開発 覚悟 我 歓喜 観
     甘露 機関 境界 化身 懸念 講座 向上 国土
     根本 最後 自覚 志願 所作 初心 自力 真空
     真実 絶対 息災 智慧 稚児 長者 長老 提唱
     投機 念願 悲願 不退転 分身 変化 未曾有
     本懐 無残 無尽蔵 面目 恋慕 言語道断
     電光石火 結縁 慈悲などなど

    いやはや枚挙にいとまがないほっどです。
    普段使いの言葉がいかに多いことでしょう。

    私たちの心の中には
    仏教が深く根をおろし、生き続けているんですね。

    で…つまったアイディアはその後どうしたか?って。
    頭の中が脇道にそれてしまい、つまったまんまで~す。(笑)
    困ったことです。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.8.19 たなごころ。

    今日もご訪問、有難うございます。
    残暑お見舞い申し上げます。


    今日の呟き--掌

    旧盆も終わり今日からまた
    仕事再開という方も多いことと思います。

    旧盆ではご先祖様に手を合わせ、
    久しぶりに再会の親族や友と握手を交わし、実家の家族に手を振り
    楽しい思い出を胸に日常に戻られたばかりの方も多いことでしょう。

    そういえば故郷ではたくさんの写真やビデオを撮られたことでしょう。
    その中にはたぶんVサインで決めたポーズもちらほら。

    「手」は故郷へのドライブでは、ハンドルを握り
    日常へ戻った主婦は、家事で包丁や掃除機を握る…
    夏休みで宿題にペンを走らせるお子様の背中にそっと手を添える。

    市場のセリでは手による符丁が飛び交い、
    マッサージ師は手・指に力を込める。

    寿司屋さんはシャリを握り、うどん屋さんは麺棒を握る。
    医師は聴診器を握り、カラオケではマイクを握る…
    惜しげもない拍手がわく…

    プログラマーはキーボードを、ピアニストは鍵盤を叩く…
    手話などという言語表現もある。

    思い起こせば新年にはご来光に手を合わせ、
    神社に参拝し手を合わせた。

    手は実に様々な場面で活躍をし、様々な表現を熟してくれる。
    まさに、たなごころ(掌)です。

    さらに面白いことに、掌=手のひらとは、手の裏側(内側)を指す。
    手の表=手の甲で普段することといえば
    指輪をはめた手を眺めるくらいのものか?

    ほとんどの手の行為は裏側によって成される。
    何とも不思議な気がしてならないのは私だけでしょうか。

    てなことを書いてみました。(笑)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.8.11 家庭菜園

    今日もご訪問、ありがとうございます。

    2年数か月前に現在の地に越してから
    猫の額のような(猫に叱られそう…)裏庭で
    家内と二人で野菜を育てています。

    とはいっても私たちが植えたのは、キュウリ・しし唐・丘わかめくらい。
    ブラジルで長年大農園を経営していた友人ご夫妻が
    ご自分たちで種から育てた苗を持参して植えてくれます。

    今年植えていただいたのは、トマト・ナス・ゴーヤ
    それからツルムラサキ。
    どれもすくすくとよく育っています。


    ⇓ナス。                 
    ナス

    ⇓ツルムラサキ。

     ツルムラサキ

    ⇓ミディアムサイズのトマトです。
    トマト-2

    トマト-1

    ⇓快晴の日の日中ですので葉に元気がありませんがゴーヤです。
    花芽がたくさん出ていて、常に大小10個前後の実がついています。

    ゴーヤ

    ⇓キュウリも毎日食卓に上ります。
    キュウリ

    ⇓丘わかめが生茂っています。
    丘ワカメ

    夏場は朝晩の水やりが少し手間がかかりますが
    毎日食卓に上ることを思えば致し方ありません。
    月に2度ほどの追肥と朝晩の水やりは案外楽しいものです。

    ただその度、か(蚊)の方にキスされるのには閉口します。(笑)

    そうそう、トマトにはバジル、キュウリにはパセリを
    虫除けに添え植えしてみました。多少は効果があるようです。
    ヨーロッパのガーデニングに習ってみました。

    応援のクリック、ありがとうございます。大変励みになります。








    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.8.5 陶芸家 黒崎邦敏さん作陶展。

    今日もご訪問、有難うございます。

    兄貴!と私を慕ってくださる
    陶芸家 向月窯の黒崎邦敏さんが

    益子焼共販センターの美術ギャラリーで
    「作陶展」を開催中です。

    年に一回の開催ですが
    もうすでに二十数回を数える名物展です。
    私も二十数回、欠かさず通い続けて皆勤賞ものです。(笑)

    今回もオープン当日、八月一日にお伺いしてきました。
    早速大勢のお客様がお見えで大盛況でした。

    力作を少し紹介させていただきます。 


    643ピッチャー

    654なでしこ紋丸花器

    楽しい陶製のオブジェもたくさんあります。
    下の写真は、不思議の国のアリスです。


    644不思議の国のアリス

    お地蔵様やぐい飲み・小鉢・小皿なども
    所狭しと勢揃いしています。


    699ぐい飲み類

    黒崎家はご家族そろって陶芸家です。
    奥様は専らアクセサリーに精を出しておいでです。
    これも人気の高い作品です。


    733アクセサリー

    八月十五日まで開催しています。
    興味のある方、お近くにお住まいの方は
    お出かけになってみてはいかがでしょう。


    会場:栃木県芳賀郡益子町益子706-2
         益子焼窯元共販センター
         陶芸館 2階 美術ギャラリー

    期間:8月1日→8月15日
         am10:30~pm4:30

    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.28 守り本尊。

    今日もご訪問、有難うございます。

    前記事(誕生日)でも書きましたように、
    生きるとは日々、数え切れない様々な人々や
    もの達にお世話になることですが、

    更に日頃私は、こんな方々にも守られています。


    8616不動明王5体

    干支別に配置されている仏様八尊がありますが、
    私(酉年)の守り本尊は不動明王です。

    写真後ろの三体は、今は亡き陶芸家矢口鉄男先生作。
    仏様しか焼かなかった矢口先生とは随分親しくさせて頂き
    我が家には他にもたくさんの矢口作品があります。

    前面の二体は、今も兄弟のように
    お付き合いを重ねさせていただいている陶芸家
    黒崎邦敏さんの作品。

    更に私のポケットの中に常に入っている守り本尊は


    守り本尊ポケット

    柘植製で長辺5.6cm程の不動明王の彫刻です。
    十数年前に仲間三家族で京都を旅した際に
    家内がプレゼントしてくれて物。

    常日頃このようなものたちにも守られながら
    暮らしているわけです。有難いことです。

    このような物たちや
    親族、お客様・仲間・友人達をはじめ
    多くの方々に心からの感謝を申し上げますと共に、

    皆様、今後とも宜しくお願いを申し上げます。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.24 誕生日。

    今日もご訪問、有難うございます。
    さすがに猛暑も暑さ負けをしたのか、
    ここ数日、やや涼しい日々が続いています。
    今日の最高気温予想26度、助かります。


    今日の呟き-誕生日
    一年が実に短い。
    つい先日、「誕生日」という記事をを書いたばかりなのに
    またこの記事を書く日がやってきました。

    手足の指全てを総動員しても
    到底一人では数え切れない。(当然!)
    68歳を迎えました。有難いことです。

    誕生日は親に、特別に感謝をする日だと思っています。
    私の両親は既に居ません。

    墓参の時間も避けないので
    墓のある方向に向かって手を合わせ
    感謝と御礼を述べました。

    終戦数週間前に生まれた私は
    幼少期は病弱で
    親は随分心を痛めたことだと思います。

    そのためしょっちゅう
    鯉屋さんが活きた鯉を運んでくれて
    玄関先で捌き、生き血を飲まされました。

    などなどのお陰で
    大きくなるに従って健康体になり
    大人になってからは
    一度も医者の門をくぐったことがありません。
    (あっ、歯医者に一度だけ・・・)

    こんな健康体に育ててくれた両親には
    なんと言っても感謝です。
    (頭の中は空っぽですが・・・笑)

    両親、更にはご先祖様たちが在ってのわが身。
    また、齢を重ねる間には数え切れない多くの
    方々にお世話になり、
    お陰さまで今日を迎えることが出来ました。

    皆様に心からの感謝を申し上げますとともに
    今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

    仕事もブログも大いに楽しんで、
    生涯現役で頑張ります。

    これからもまだまだ、
    今まで味わったことのない喜びや感動が
    たくさん待っているものと確信しています。

    お願い、拍手と応援のポチ、忘れないでね!(爆)
    (オイ、そこまで言うか・・・失礼!)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.19 人それぞれ。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-努力の仕方

    この世にはおよそ二つの対照的なタイプの人が
    存在すようです。

    仕事の進め方などでも
    コツコツと堅実にやる人も居れば、
    短時間で一気に片付ける人も居る。

    会社や学校で評価されるのは
    どちらかといえばコツコツタイプのほうでしょう。
    管理者にとっては安心していられるからです。

    たとえばラーメンの食べ方にしても
    先ずスープから飲む人が居る。

    先ずは麺からという人がいるかと思えば
    いやいや先ずは具からですという人も居る。

    そこに決まりなどないし
    よほど不快感を与えなければ
    誰も意に介さない。

    それも個性というものです。

    あいつ「やれば出来るのに」と
    周囲を歯軋りさせるような人も居る。
    一気方の人が概ねこういうタイプです。

    「やれば出来るのに」という言葉には
    「まじめに」とか「几帳面に」と
    いうような言葉が隠されている。

    でもその真面目さも
    人によって質が違います。
    力を発揮するポイントが違うのです。

    家庭で子供の勉強を見てやるときも
    会社で部下の仕事振りを見るときも
    この視点が必要でしょう。

    自分のやり方を人に求めるのは
    いかにも不毛な気がします。

    世の中いろいろな人が居るから
    楽しいし面白いんですよね。

    ところでラーメンですが
    私は行きつけのお店では具からいただきます。
    初めてのお店では、先ずスープから
    というパターンが多いカナァ。

    皆様は何派ですか?


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.15 誤り。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-誤り

    わが身の優柔不断を嘆く人が居ます。
    でも私は優柔不断な人など居ないと思っています。

    そういう人は要するに、慎重な方で
    決して安易な結論は出さないぞ
    という気持ちの強い方なのでしょう。
    あるいは責任感の強い方なのかもしれません。


    現実には、何かを選択した後には
    何らかの心の不協和音が待っているものです。
    それは心の仕組みとして当然なのでしょう。

    選択の際の心の動きは
    51対49で決まることが多いといいます。

    そして当然
    ほとんど差がつかないくらい拮抗していても
    私たちは、49より51を選ぶものです。

    そのとき決して
    自分に不利になるような道は選ばない。
    特に大事なことであればあるほど
    そうなっていきます。

    つまり選択にあたって、のんきな言い方をすれば
    人は誤った選択をしないように出来ているようです。

    それでも自分の選択を誤りと思うのは
    「100%の正解がある」
    と考えるからではないでしょうか。

    先のことを選択するのに100%はありえません。
    自分の選択を信じようではありませんか。
    人生は日々選択の連続です。

    えっ、暑い日が続くので
    毎日が洗濯の日々ですか。(笑)

    本当に暑い日が続きますね。
    皆様どうか健康に十分ご留意ください。


    応援のクリック有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.10 出逢い。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-出逢い。

    オギャ~と、この世に生を受けて以来
    まず親に出逢い、その後幼稚園や保育園、
    小学校と進むにつれてたくさんの先生や友達との出逢い。

    社会人になっては、同僚、先輩、上司、
    あるいはお客様との出逢い。

    縁あって契りを結べば、新たな家族との出逢い。

    出逢いは人との出逢いに留まりません。

    先ず言葉と出逢い。
    歴史や文学、化学、外国語などや大自然の風景、
    ファッション・美容・家具家庭用品などなどと
    出逢いは、枚挙に暇がありません。

    情報はもちろん、運命や転機に至るまで
    出逢いによるところが大きいと思います。

    その出逢いは、築き上げた感性で
    掴み取ってきたところが大きいと思いますが

    その感性すらも、数々の出逢いで
    磨き上げてきたものにほかなりません。

    仏教用語に「多逢聖因」「縁尋機妙」
    という言葉があります。

    これは、いいものにたくさん出逢うと
    知らず知らずのうちに
    たくさんの恩恵を授かることが出来る。
    良縁が良縁を呼ぶ。という意味だそうです。

    まさに出逢いは、人生そのもののようです。
    さまざまな出逢いに感謝です。

    あなた様にも、
    更に素敵な出逢いがありますように・・・


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.6 チェンジのお隣さん。


    梅雨はどこへ行ってしまったのでしょう。
    関東近県では入梅宣言が出た途端に
    まとまった雨はほとんど降らなくなりました。

    湿度だけは異常な日々ですが・・・

    おっと失礼致しました。、ご挨拶が遅れました~。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-1字違い

    前回「幸運は他力によってもたらされる」
    なので、他人(家族を含む)との接し方が大切、
    という記事を書きましたが、

    今回は、日々の行動や考え方の中で
    少しだけ「チェンジ」を心がけてみようかな
    というお話です。

    行動や思考のパターンがマンネリ化して
    行き詰るよりは、いいかもしれません。

    チェンジ(change)とチャンス(chance)は
    欧文では一字違い、ご近所さんです。
    一緒に暮らしているのかもしれません。
    きっと二人は、つうかあ の仲。

    だとしたら、ちょっとチェンジしてみることで
    新たなチャンスが生まれるかもしれません。

    少しのチェンジでチャンスが増える。
    変化の状況をチャンスと捉える。
    変化はチャンスの前ぶれです。

    日々の暮らしの中で
    ほんの少し行動や思考のパターンを変えてみる。
    そんなことでまた幸運が更にやってくる。
    なんてことになったらいいですね。

    目の前にやってきた幸運を、逃さず捕まえるのは
    とりもなおさず個人個人の感性や価値観ですが・・・

    ほら、あなたの後ろに
    チャンスが笑顔でたたずんでいますよ~。

    これからますます暑さに向かいます。
    今年は猛暑が予想されています。
    皆様どうか、熱中症などに十分ご注意ください。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.7.1 幸運。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-幸運

    月日のたつのは早いものですね。
    今日はもう七月。一年の半分が過ぎました。

    ふと考えてみると、この半年これといって
    目立った活躍もすることなく
    過してしまいました。

    大過なく過ごせたという事は
    いいことなのでしょうが、

    年末に「いい一年だったなぁ」
    と振り返れるように
    もっともっと頑張らなくてはいけないなぁ
    と、反省の半年です鯛。(苦笑)

    そんな訳で、幸運を求めて(ウソ)
    幸運はどこからやってくるのだろう
    と一考を試みました。(チョット大げさ)

    「ダイエットに成功した」
    「一生懸命頑張って試験に合格した」
    などは、自力で引き寄せた幸運ですが、

    「商売大繁盛」
    「親から遺産を頂いた」
    「上司の引き上げで昇進できた」
    などなどは、自分ひとりの力では
    どうなるものでもありません。

    ある統計によりますと、
    幸運の七割は他力による
    なんていうのもあるとか。

    となると
    素敵な幸運の日々を送るには、
    他人の力なくしては
    不可能ということです。

    「情けは人のためならず」といいます。
    小さな親切でも、
    進んで心がける日々を過ごす事が
    大切なようです。

    常日頃から人間関係を良好に保ち
    他人に親切にする習慣を
    身に付けて置きたいものです。

    頑張らなくっちゃ。


    応援のクリック有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.6.26 自分を知らない。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-知らない自分

    自分の本当の顔を見たことがありません。
    もちろん鏡を見ることは日常ですが
    鏡で見る顔はいわば虚像です。

    手足を見るようなわけには行きません。

    本当の顔には生涯お目にかかることはありません。
    私などは、お目にかかって唖然とするよりは
    いいかもしれませんが(笑)

    冗談はさておき、

    人は本当の自分の顔を知らないと同様に
    自分の性格についても
    意外と分からないものですね。

    「自分を知る」ということは
    自分ひとりで出来ることではなく

    実は誰か他の人との交流の中で
    見えてくるものですよね。

    他者を鏡として自分を知り
    そして自分を形成していく。

    となると
    自分を見ていてくれる人が居るということは
    なんと有難い事でしょうか。

    私たちは、人との関係の中で
    自分を保っていく事が大きいわけです。

    たとえば癖なども、
    自分では解らない自分の姿です。

    それを知ることが出来るのも、
    他の人によって教えられるからです。

    癖に限らず私たちは
    自分で見えていない
    たくさんの自分を持っています。

    これからも
    まだ見えていない自分に
    たくさんめぐり合いたいものです。

    そのためには多くの方々と
    楽しく交友関係を深めていく
    ほかありません。

    私たちはどうも自分を知るということが
    苦手な生き物なのかもしれません。

    というよりも、
    だから交友関係の大切さが
    そこにあるのかもしれません。

    自分を知るということは
    自分を深める
    ということにも繋がります。

    人生楽しく! ですね。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.6.15 悩み。

    今日もご訪問、有難うございます。

    画像悩み

    人類が考えるということをはじめてこのかた
    人々に悩みが尽きることはありません。

    仕事がうまくいかない。上司とウマが合わない。
    会社の体質が古い。学校が面白くない。
    子供が非行に走っている。姑との仲がうまくいかない。
    眠れない。やる気がおきない。
    世の中が面白くないなどなど・・・

    ま~実にたくさんの悩みがあるものです。

    ですが、これらの悩みの源泉をよくよく考えてみると
    どんなに高尚な悩みのように見えても

    その根っこには「自分の思い通りにしたい」
    という「欲望」が潜んでいるように思います。

    つまり誰かに、「こうあって欲しい」という思いが
    悩みの根っこにあるわけです。

    この思いは自分自身に向けられている事も多々あります。
    自分は「こうありたい」「こうなりたい」と願う。
    これまた思い通りになることは少ないものです。

    特に理想を高く持つと、その分達成は困難です。
    悩みはより深いものに成ります。

    と考えてみると、高尚な理想も、清らかな願いも
    「欲」のバリエーションのひとつかもしれません。

    私たちの悩みは、自分の欲の深さにほとんど比例する。
    と言えそうです。

    「欲」がやる気を生むという面があるわけですから
    「欲」は、決して悪いことではありませんが、
    何かに悩んでいるとき、悩みを解決しようとする前に

    その事に対して、
    果たして自分はどんな欲望を抱いているのかを
    考えてみるのも、
    問題解決のひとつの糸口に成ることでしょう。

    心を悩まし、頭を痛めている問題は
    実は「欲」のバリエーションのひとつかも知れません。

    悩みが育つ影では、「欲」による応援が
    盛んに行われているかもしれません。

    誰ですか?
    PCの前で「よくいうよ!」なんて
    突っ込みを入れている方は(笑)
    あっ、また駄洒落になってしまいました。(失礼)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.6.10 努力。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-努力

    またまた申し訳ありません。
    一ヶ月近く更新が出来ませんでした。
    お詫び申し上げます。

    Internet Explorerの不具合が続いてスクロール画面が真っ白状態。
    何度メーカーとやり取りをしても一向に解決できません。

    普段仕事で使用しているソフト類は難無く作動していますので
    仕事の支障はないのですが
    ネットで調べ物をしたり、ブログを書いたり、皆様のところへ
    訪問したりがまったく出来ずにいました。

    そんな私を見かねた姪が先日
    空いているパソコンを届けてくれました。
    いや~、助かりました。

    そんなわけで、今日やっと更新にこぎ解けたというわけです。


    さて今日の記事「努力」ですが
    たとえば「天才とは1%の才能と99%の努力による」などと
    せっかくの才能も努力なしには開花しないぞと啓蒙に使います。

    何とかしようと懸命に努力することは大変尊いことですが
    「努力」とは、自分にとって無理なことをしている行為で
    苦痛を伴います。

    ところが傍から見ると大変な努力をしているように見えることでも、
    当人にしてみたら差ほどでもない事があります。

    自分に合っている事をしているときは、あまり苦痛を伴いません。
    むしろ楽しんで出来る場合だってあります。

    そう考えると「努力」というやつがなんだか怪しくなります。
    時には疑って見るのはどうでしょう。

    「努力」と考える前に、ときには
    「自分があまり無理をしないでいられる場所」を考える。
    つまり「自分の居場所」「心のよりどころ」を持つこと。
    こんなことも大切なのではないでしょうか。

    サルは森の中でこそのびのびと生きられる。
    砂漠に居たのでは、その持てる才能を活かす事は出来ないでしょう。

    誰にだって才能はあります。
    つまり才能とは、自分の持てる力を活かす場所を見つけられるかどうかに
    かかっているのかもしれません。

    「努力」を「努力」と感じないで楽しみに出来たらいいのになぁ~。
    なんて考える怠け者のたわごとですが・・・

    まあ~、そんなわけで姪に届けていただいたPCから
    苦痛を伴わない楽しい努力をしながら、
    皆様めいめいのところに、おいおい訪問させていただきます。(笑)
    悪しからずご了承下さいますようお願い申し上げます。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.5.14 悦び。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-悦び

    「私は何のために生まれてきたんでしょう?」
    そんな問いを受ける事があります。

    そんな時決まって
    「人様のお役に立つ為にですよ」
    と応える事にしています。

    現代のように進んだ文明の中に生きていると
    あまりの便利さの中で、普段の暮らしが
    人様の役に立っている事を忘れがちです。

    私達の暮らしすべてが
    人様の恩恵を受けて成り立っているわけですが
    逆に言えば、私たちの暮らしひとつひとつが
    人様のお役に立っていることにもなります。

    当然、人様の暮らしに役立つ暮らし方をしていく
    工夫も大切ですが・・・

    人は独りで生きていくことは不可能です。
    生きるとは、広くいえば、

    人様の恩恵を受けながら
    人様のお役に立つ行為の循環によって
    私達の生は維持されているといえましょう。

    仕事も、買い物も、旅行も、時にゲームに興じる事も
    どこかで人様のお役に立っているわけです。

    そんな中で人様に悦んで頂いたとしたら
    それは嬉しい事です。

    どんな事であれ、
    悦んでいただいたという悦びを享受できることは
    この上ない幸せです。

    人様のお役に立って、その上で頂く悦びは
    人として最も根源的で、尊い悦びのように思います。

    仕事でパワーを発揮することも、
    美味しい料理に日夜工夫を凝らす事も
    この悦びがあることで報われます。

    この悦びがあることで
    明日へのパワーも生まれます。

    悦んでいただいたという悦び
    この悦びが人を更なる成長へと導きます。

    根源的で、尊い悦びを
    大切にしていきたいと思います。

    更に、この悦びの根幹には
    「相手への感謝という心のはたらき」が
    媒介している事を忘れる事はできません。


    応援のクリック有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.5.11 恩人。

    今日もご訪問、有難うございます。

    今日の呟き-恩人

    微笑みは美の象徴です。
    その美しい笑顔で語り合える時間は至福のとき。
    変え難い時間です。

    その至福のときは、自分ひとりでは実現不可能です。
    連れ合いであろうが、友人であろうが、お客様であろうが
    その時間を共有する、相手の存在が不可欠です。

    そんなお相手との笑顔での語らいの時間は
    人生をより味わい深いものしてくれています。

    そんな時間が持てる事を「しあわせ」と
    呼ぶのかもしれません。

    だとしたら、そんな時間を共有できるお相手こそ
    「恩人」と呼んで差し支えない人といえましょう。

    独りではけして作ることのできない至福の時間を
    共有してくれるお相手=恩人ですよね。

    またそう思うことで、
    相手に対する気持ちも少し変化するかもしれない。
    感謝の念が発芽するかもしれない。

    微笑を持って人に接する暮らし
    心掛けたいですね。

    エッ、笑いジワ?
    それはしあわせ者に与えられる勲章です。
    気にしない、気にしない・・・

    さ~っ、今日も笑いジワ増えますよ~。(笑)


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    2013.5.8 益子陶器市。

    今日もご訪問、有難うございます。

    5月2.3.4.5.と東北をドライブしていきました。
    往路は埼玉から群馬を抜け、新潟、山形、秋田と日本海側を
    復路は太平洋側へ出て、岩手、宮城、福島、
    栃木というコースを辿りました。

    2年ぶりくらいになる東北への旅でしたが
    往路は降ったりやんだりの雨模様。
    新潟の山間部では雪が舞っていました。

    連日3月の陽気とかで肌寒く、日本海側では
    桜も殆ど終わっていて、これといった観光も出来ませんでした。
    お陰でノンビリはできましたが・・・

    そこで帰りに寄った栃木県益子の陶器市。
    ここは早朝から大変な賑わいで、
    かつての観光客が戻って来た様子でした。
    他人事ながら嬉しくなりました。

    早朝からこの状態です。


    536早朝の風景-1

    550賑わい-4

    車も人も大渋滞。

    551賑わい-1

    554賑わい-7

    街角でふと目をやると、こんなディスプレー

    556街の風景

    561賑わい-6

    ワアオ~、大きな猫がいた~。
    笑顔が可愛い!


    535猫の焼き物

    そしておなじみ、陶芸家 黒崎邦敏さんのテント。
    猫のてぬぐいのれんが目印です。
    お客様のいないタイミングを見計らって・・・
    右側は、91歳のお客様。
    実にかくしゃくとされていて気品のあるご婦人でした。


    544黒崎テント-1

    545黒崎テント-2

    548黒崎テント-5

    黒崎家の皆様と親しく歓談をさせていただき
    また窯元を訪ねて黒崎さんとしばし歓談、
    帰路につきました。


    応援のクリック、有難うございます。大変励みになります。

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    プロフィール

    サム

    Author:サム
    サムのデザインカフェへ
    ようこそ。
    心の十字路に開くポジティブなカフェです。
    コーヒーでも飲みながら、ごゆっくり
    おくつろぎください。

    埼玉県さいたま市北区
    サム

    都内百貨店の宣伝畑(約10年)
    企画デザイン会社経営(約5年)
    印刷とデザインの関係を学びに
    A印刷会社(約10年)
    B印刷会社(約10年)
    その後フリーランス

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    サム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード